印字について

当ショップの『光る名入れアイテム』に属しているアイテムは、 商品に企業ロゴやアーティストネーム、メッセージなど好きな言葉や図柄を印字プリントする事ができます。 販促物として広告効果を高める事ができます。

印字の種類type of printing

当店は「インクジェット印刷」「パッド印刷」「シルクスクリーン印刷」の3種類の印刷方法から、各商品に最も適した印刷方法を選んで印字サービスを行っております。このページでは、各印刷方法の詳しい情報を記載してありますので、参考にしていただけたら幸いです。

インクジェット印刷フルカラー

インクジェット出力は小さなノズルの先からインクを噴出させ、出力・印刷していく方法。インクジェット出力は、他の印刷方法とは異なり版を作ることが無いため、入稿データがそのまま直接印刷素材へ出力されます。また、そのつど必要な枚数だけを製作することが可能です。

メリット

版を必要としないため、フルカラー刷りに向いている。サンプルをすぐに作ることができる。小ロットに対応しやすい。

デメリット

曲面印刷に弱い。また印刷台に乗せる個数によって価格が変動するので、物によって価格が大きく変わる。他の印刷と比べるとコストが高め。

パッド印刷単色

パッド印刷は、金属版にエッチングによって、凹面をつくり、そこに入れたインクをシリコンパッドに付けて、製品に転写印刷をする方法です。そのため、凸面や凹面等シルク印刷で出来ない形状の場所への印刷が可能です。

メリット

曲面印刷、単色刷りに向いている。小さな文字や細かい線、ロゴマークなども向いている。

デメリット

カラー毎に版代がかかるので、複色刷りに向かない。シリコンパッドのサイズが限られているため、広範囲の印刷が出来ない。

シルクスクリーン印刷モノクロ・フルカラー

シルクスクリーン印刷とは、木枠に絹(シルク)を張って印刷部分以外の絹を乳剤で隠蔽しゴムベラ(スキージ)を使って印刷物にインクをこすり落とす印刷方法です。しかし現在では絹は使用せず、ナイロン、テトロンなどの繊維を使用するため現在ではシルクという言葉が取れて「スクリーン印刷」と呼ばれることも多いようです。

メリット

平面印刷、単色刷りに向いている。カラー毎に版代がかかる。印刷範囲が広い。

デメリット

カラー毎に版代がかかるので、複色刷りに向かない。大量ロットは時間がかかる。

カラーについてcolor of printing

印字カラーは、基本的に制限はございませんが極めて小さいサイズやグラデーション等カラーが複雑なものに関しては、ご希望に添えない場合もございます。

データ入稿についてdata of printing

印字データ

完全データでの入稿をお願いしております。

入稿データ

「Adobe Illustrator」や「Adobe photshop」でのデータ制作をお願いします。

※上記のソフトウェア以外で制作したデータなどで入稿される場合は、別途修正等が必要になりますのでお見積りをご依頼ください。

印字データの入稿はこちらから

料金についてfee of printing

印字料金については、印字サイズ・印字色数・ご注文個数等によって変動いたしますのでお取り引き毎のお見積りとなります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

注意事項note of printing

▶ アイテムによって印字出来る面積や位置がことなりますので商品詳細情報の"プリント範囲をご確認ください。

▶ アイテムによって印字の方法が異なります。
※アイテムに直接プリントする/カバーにプリントしてそれをアイテムに装着させる・印字色数・ご注文個数等によって変動いたしますのでお取り引き毎のお見積りとなります。
お気軽にお問い合わせ下さい。